潜在意識で復縁/なるだけ!?「なる」は「なりきり法」とは違います

サブリナです。

潜在意識メソッドはどうしても抽象的な説明が多いですよねー
今までも「意図」とか、「今叶ってる」とか、私なりに説明してきましたが、今回は「なる」の説明です!

誤解しやすいけど「なりきる」とも違うんですよ。
ここを間違えたままだと一生「なれ」ないし、現実が叶わないループで終わってしまいます・・・恐ろしい

701式「なる」とは

「なる」と言えば701式、701式と言えば「なる」ですが、
(復習:Q.701式とは?A.某掲示板に現れた達人さんの番号が701だったため)
「なる」「なるだけ」「ただそれだけ」「簡単でしょ?」って言われてもね、

画期的すぎて凡人にはサッパリわからんよね!!
(や、提唱者の701さんはそんな乱暴な言い方してませんが)

でも、701式で言っているのは、本当に願いが叶った自分に、今、その瞬間に、「なる」だけです。
本当にそれ以上でもそれ以下でもなかったんだなーと潜在意識を使って復縁した後でわかりました。

「なる」と「なりきり法」は違う

「なる」を一生懸命自分なりに考えると「なりきる」メソッドに行き着くかと思います。

私も最初はそうだと思ってましたよ!
なりきればいいんだ!って!!
復縁した自分になりきって色々してみました。
復縁したと思ってデート服を買ってみたり、
復縁したと思って料理の練習とかしてました。

いわゆる「なりきり法」です。

でも、私のなりきり法はごっこ遊びで終わりました

潜在意識的イメージングと妄想の違いを前に書いたけど、これも同じ過ちです。
(潜在意識の各メソッドは繋がってるよ!ていうか同じ法則を言葉を変えて説明してるだけだよ!)

いってしまえば、「なる」はイメージングで、「なりきり」は妄想です。
心の底から信じてれば「なる」。叶いっこないって思ってるのは「なりきり」です。
「なる」にいたっては未来を信じるどころか、今なってますからね。潜在意識的に最強です。
潜在意識の最終系が「なる」だと思います。

なるはなるだけ。
何もしないでいいんです。

復縁した私に「なった」ら、なりきり法とは違って、
(モテ服じゃなくて)ちょいブス服を着てようが、
料理なんてしないで冷凍食品チンしてようが、
復縁した私は復縁した私です。

彼から連絡が来ようが、来なかろうが、
元カレに新彼女がいようが、です。

それが「なる」です。

「なる」の効果:お金系○ 恋愛系×

「なる」・・・ぶっちゃけレベル高すぎ!!!!

完全に現実を乖離する必要があります。

だって上にも書いた通り元カレに彼女がいようがならなきゃいけないんだもん。
強靭な精神力が求められるので
復縁の願いには向かないと個人的には思います。

お金系とか、そういう願望だったら適用できるかな。
ちなみにお金系願望で説明すると、「なりきり」はわざとお金使ったりすることで、
「なる」はそのまま気持ちがお金持ちになるだけです。毎食もやし生活だろうが関係なく。
実際お金持ちでも もやし食べるだろうし、節約家の社長だっているでしょう。そんな感じです。

復縁でこれが「なる」かーって思えたのって、復縁間近になってやっとです。

なるメソッドで願いを叶えたっていうんじゃなくて、
他メソッドで潜在意識書き換えたから「なる」が分かったって感じです。

他メソッドっていうのが私の場合は社内恋愛でどうしても現実の彼を無視できなかったんで現実バリバリ見張り系の占いメソッドです(笑)

なる系のメソッドはやっぱり復縁には難しいと思うよっ

プライバシーポリシー